大規模修繕における設計事務所の役割

写真

大規模修繕における設計事務所の役割
マンションの管理組合など、住民が主体となって
取り組んでいく大規模修繕工事においては、
検討プロセスの透明性と公平性が最も重要視されています。

大規模修繕工事の主な方式

施工業者が、設計から施工までを
一括して請け負う方式

大規模修繕工事に関する「設計」の
部分と「施工」の部分を分離させ、
設計の部分は設計事務所(建築士事務所)や
コンサルタント会社に委託し、
施工の部分は競争入札等に
よって選ばれた建設業者と契約する方式

施工会社での設計・施工に不安がある場合に
第三者の専門家による技術的アドバイス・
設計図や仕様書のチェック・監修を受ける方式

通常の管理業務を委託している
マンション管理会社に設計・施工を
特命する方式

上記の方式の中で建築の専門家である一級建築士が担当するのは、2と3です。
設計事務所がコンサルタントする利点は、「企画調査、診断、仕様・工法の検討」
「工事費の積算、業者選定」・「見積もりチェック」などのチェック。
また工事中の管理をおこなう事です。

設計と施工が分離しているので、施工業者による競争見積もり方式となり工事費用の
適正化と、工事の質が確保できるというメリットがあります。

施工費用の他にコンサルタント(設計管理費)料が発生しますが、
質の高い工事が行われればコストとしては適正です。